2017年07月07日

それでも歩く

DSC_0177

 
朝起きた瞬間に、異様なまでの不安に潰されそうになる。

先をうまく越される度に、自信を失っていく。


超えられるのか。越えようとする必要があるのか?

シェアハウスという形に飽きがきている自分が、楽しんでやっていけるだろうか。


自分は全てにおいて、中途半端ではないか?

ー 誰も必要としていない事なのではないか・・?


いろんな思いが渦巻いて、心臓がバクバクと鳴る。


たぶん、疲れている。

というのは分かっている。

何の為に働いてきたのか。それが今後も必要なのか。


起きて、ボンヤリと外を眺めながら思うこと。

毎日がただ仕事に追われ、泥のように過ぎていくのはもうやめよう。


決めよう。



udoki56 at 09:04|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年03月09日

到着と出発

ずっと前から薄々不安だったことが、日々浮き彫りになってくる

ユメに向かってできる努力をし、運にも恵まれてここまできた。

ユメはユメではなくなって、しっかりと目の前に存在し、私にその責任をちらつかせている。


その場所に行くことを目標にしている自分は。


その場所に辿り着いた先のことを、深く考えていない。

 
このまま進んで大丈夫…?


まるでマリッジブルー状態。


上手くいかないことも沢山あったけど
自分はたぶん、とても恵まれていて。かなり、幸せなほうだと思う。 

その半面ではいつも、それがいつまで続くのだろうと。
終わりがくるのではないかと怯えている。 


少しずつ変化しながら今が未来に繋がっていく。

私も順応に変化しながら、進んで行きたいと思う。


そんな中、ありきたりのことだけど

今の自分に関わるすべてのものへの感謝だけは忘れてはいけない。。気がしている。


 

udoki56 at 21:54|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年12月26日

来年

自分にしかできない何かがしたい、と思って10年経った今。
あの頃目指したものが形になろうとしている。

それを目前にして、自分にしかできない何かではない、と気づいてしまったり
そうでなくてはいけないものではないだろうと、思えてしまったりしている。 

同じような形をとっている人は沢山居る。

そういう時代だというコトだろうと思う。

一番に考えたとか後になってしまったとかは、どうでもよくて
 
自分の中にあるそのプランに、登場人物が揃っていて
それらの人達と、どれだけ幸せを感じて生活を営んでいけるかだと思うようになった。 

それがある意味周りの人にとって、自分にしかできない事になるのではないかな、と。
 

必要な人達に出会えたから、一緒に歩いて行く方法を考えていこうと思う。 

 

udoki56 at 15:11|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年09月03日

当たり前みたいに

信じられないくらいのタイミングで、必要な人に出会えている毎日 

願えば願うほど、近づいていく。

 或いは、願わなくても近づいていく。

まるで何かに手を引っ張られているみたいだ。


不安や迷いがあって、後ろ向きな考えになったり、何かを諦めそうになってしまったときは
思いなおすキッカケに出会う。

たまたま読んだ文、何の気もない友人からの連絡
出会った人からの伺い連絡、シェアハウスの来客との会話
 
すべてこれまでに出会ってきた人からのタイミング。


壁にあたって、キッカケをもらい、乗り越えて、また人と出会う
その繰り返しで自分を少しずつ前へ進めてきた


ただ前を信じて沢山の人と積極的に出会い、行動した。
諦めず続けていた過去の自分の種まきの結果。

あの時の想いの強さが人との出会いとなって、今の自分に返ってきて
その想いをひしひしと感じる。

今の私を誘導しているのは、過去の私の「想い」だ

何をあんなに信じていたのだろう。
どうしてそれが目標だったのだろう。
近づけば近づく程、不安や迷い、疑問が湧いてくる。


こうして背中をいつまで、押し続けてくれるんだろう。
あの時の私の想いは、未来のどこまで届くだろう。


進むというのは、人と関わることなんだ。
 
当たり前の事のようだけど、今気づいた。

人と関わらないことは、立ち止まるということ。

人は人と関わることで、進んでいくんだ。

だから。

人と関わる事はとても大事なこと。 


そんな場所を作っていく。


それから?


このまま進んだ先で何を見て、誰に出会うだろう。


その時私は、どう思うだろう。 

 

udoki56 at 00:21|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年06月08日

自分にしかできないものなんて、ない

随分と時間が経ってしまった。

今では見ていたユメを疑っている。

自分にしかできないことをしたくて、そう思う事をした。

あなたにしかできない事だよ、すごいと思う。と言ってくれる人が現れ始めた
力になりたい、一緒にやりましょう。そんな人も現れた。


それなのに

心が前みたいに跳ねない。 

前みたいに、やらなきゃ。とか諦めたくない。とか思わなくなった。
理解のない親に何度も説明するとか
興味を持って問い合わせてくれる人に時間を作って会おうとかも。 


ゲストハウスでもない。
シェアハウスでもない。

イベントを企画し続けることでもない。

大衆が欲しい訳じゃない。


自分が求めているものはなんだろう。 


ただささやかな幸せに、ちゃんと気づいていたいだけで

特別な事をし続けなくても、大丈夫なもの。


て、なんだろう。

 

udoki56 at 22:56|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年11月17日

これではいけない



知らないうちに手放してしまって

どうにもこうにも、気持ちが湧き上がらなくて

放置しているうちに

疎遠になってしまった人達に気づきました


こんな毎日も宝物で

宝物みたいな時間は一人ではできなくて

やはり人と関わることだけが

どうしてもやめられない、と思った昼下がり


わがままだけど、続けたいのです


人と人を繋ぐことを

 

 

udoki56 at 12:40|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年09月01日

そんな日々

いろんな人が来て、いろんな話を聞かせてくれたり
色々聞かれたりする


時々その場に居るのに疲れて
場を離れて自室に篭もる事もある


一人で居ると気を使われたりするのだけど 

皆が下でご飯を食べながら談笑してる声を聞きながら
作業するのはわりと好きで


その場に交わらない事を、悪く思わないでほしいと思う

時々は話したくなって、声をかける事があるけど
その時は相手にしていただけたら嬉しいと


そんな感じで今日も机に向かい、これを書いています


そんな日々


夏も終わり、秋の風


大好きな季節です 

 

udoki56 at 23:05|PermalinkComments(0)このエントリーをはてなブックマークに追加